10月9日
乳成分の免疫力を活用しよう

母乳などに含まれる「ラクトフェリン」というタンパク質があります!これは、赤ちゃんが感染症にかかってしまうのを防ぐはたらきがあります!!本来、微生物がカラダの中で増殖するためには「鉄」と結びつかなければなりません。でも、このラクトフェリンという成分が、微生物より先に結びついてしまうために、有害な菌が繁殖できなくなるんです!そのため、感染症から、体を守ることができるのですね!

前へ

バックナンバー

2006年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。