10月22日
湯豆腐にコンブを入れる理由を知ろう

豆腐は大豆の豊富な栄養を、容易に消化吸収できる優れものです。ただ、料理する際に熱湯で煮続けると、硬くなって豆腐の風味が損なわれてしまいますよね!実は、豆腐は熱に弱く、温めすぎるとタンパク質が変性して「にがりの成分(塩化カルシウム)」とくっついてしまうんです!そのため、煮込みすぎるとかた〜いお豆腐になってしまうんですね。でも、昆布に含まれている塩分「ナトリウム」が、そのくっついてしまうのを抑えてくれます!だから、コンブは昔からの知恵で、湯豆腐に使われていたのです。

前へ

バックナンバー

2006年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。