11月4日
タオルを活用して、風邪の菌をやっつけよう

カゼの菌というのは、「乾燥に強く、湿気に弱い」そういった性質があります。だから、乾燥しやすい秋冬の季節はウイルスが活発になりやすいけれども、湿度を上げることで菌をやっつけることもできるんです。そこで、ぜひ試していただきたいのが「濡れタオル」を部屋で振り回すこと!!湿度が50%まで上がれば、多くの菌を死滅させることができますから、カゼもひきにくくなります。さらには、タオルにカゼの菌を吸着させることもできますので、部屋に充満しているウイルスを一瞬で減らすこともできるんですよ!!風邪対策として一度お試しくださいね!

前へ

バックナンバー

2006年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。