11月10日
缶詰の食べごろを知っておこう

缶詰といえば、いつまでも日持ちがするしとっても便利!!しかも、中身は完全に加熱殺菌しているので、食中毒の原因になる恐れはまずありません。ところで、缶詰の中身はいつ食べても同じ!と考えている方も多いと思うんです。でも実は、その商品によって「食べごろ」というものがあるんですよ!!例えば、まぐろの油漬けは、味がしみこむのに1年ぐらいかかり、5年後ぐらいまでおいしく食べる事ができます!果物をシロップにつけたタイプの缶詰は、半年から4年後ぐらいまでが食べごろといわれています。このように、商品によって味を染み渡らせることで食べごろが違ってくるのですね!選ぶ際は、食品添加物などとともに、製造年月日もチェックしてみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2006年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。