12月5日
ヒラメの縁側が、美肌につながると知ろう

ヒラメは、東洋医学では衰弱した体を補強し、気力を高める食材といわれています。特にヒレには「コンドロイチン」といわれる成分が豊富で、美肌や関節を滑らかにする働きもあるといわれているのです。そして、ヒラメをおいしく食べるポイントとしては、上下のヒレの付け根である縁側が一番おいしくお勧めです!全体の2%しかない脂質の20%がこの縁側にあるので、コラーゲンで美肌を目指す方にも、ここをお勧めします!

前へ

バックナンバー

2006年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。