12月23日
高タンパク高脂肪の摂りすぎに気をつけよう

食物は、胃でかきまぜられ一部吸収されます。そして十二指腸で胆汁や脾液によって分解され、小腸で吸収、大腸で水分などが吸収される。これがおおまかな消化のメカニズムです。そこで、肉や卵といった高タンパク、高脂肪の食品を一気にとると、内臓はフル稼働をしなければなりません。それを続けていると、いつの間にか内臓はヘトヘトに疲れてしまいます。すると未消化のまま腸へ流れ、それが血液の素として吸収されてしまう…ドロドロ血液のきっかけをつくってしまうのです。これからクリスマス、お正月とカロリーが高くなりがちですので、ご注意を!

前へ

バックナンバー

2006年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。