2月14日
エリスロポエチンで、貧血を予防しよう

エリスロポエチンは、赤血球をグングン増加させて、貧血を予防させるホルモンで、主に腎臓で生成されます。牛乳などの成分に含まれています。私たちは貧血状態になると、この成分がグッと血液中に増えて、赤血球の数が正常だと逆に数値が低くなるんです。つまり赤血球の数をコントロールしているのがこの成分というわけですね!!

前へ

バックナンバー

2007年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。