2月15日
紅花で、血の滞りを取りのぞこう

キク科である「紅花(べにばな)」は、昔から漢方薬として使われており、古い血の滞りを取り除いて、体をあたためるはたらきがあります!生理不順や更年期障害の方にお勧めです!ただ、子宮を収縮さえるはたらきもありますので、妊娠中に多用するのはできるだけ控えてくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。