4月10日
真鯛(まだい)を食べて、体力をつけよう

真鯛(まだい)は、青い魚に比べて脂が少なく、タンパク質が多い食品です。そのため胃腸の弱い方でも消化・吸収を上手にできるので、虚弱体質の方にはとてもよい魚と言えます。ただし、真鯛はとても高タンパクなので、腎臓のはたらきが衰えている方は負担にならないよう、少し控えたほうがよさそうです。他の魚に比べて鮮度が落ちにくいという特徴もありますので、上手に活用して食を楽しんでくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。