4月28日
タウリンで、肝臓の働きを強くしよう

タウリンは、血圧やコレステロールを低下させたり、動脈硬化の予防にもつながります。特に肝臓のはたらきを強くする作用があって、胆汁酸というコレステロールを排泄させる成分の分泌を促進したり、肝細胞の再生をはかります。貝類、いか、魚の血合いに多く含まれていて、牛豚鳥などの肉類には少ない成分です。肝臓が弱ってきているなぁ…という方は、摂取を心がけてみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2007年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。