5月28日
セリで、肝細胞を保護してみよう

セリには、東洋医学的に余分な熱を収めて、水分代謝をよくするはたらきがあります。また、セリの煎じ液には、毒性の物質から肝臓を守る作用があるともいわれています。食品添加物などをとりがちで、肝臓に負担をかけている方にピッタリですね!そして、セリは春の七草の一つとしても有名で、冬の栄養素でもあったわけです。発汗、解熱の効果もあり、これは「ミリスチン」という揮発油成分のはたらき!料理に上手に活用しましょうね。

前へ

バックナンバー

2007年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。