6月1日
茶葉について知ってみよう

紅茶の葉は、緑茶やウーロン茶と同じもの。インドから中国へ渡る船の中で自然発酵して紅茶ができたというのは、真偽は別として、有名な話ですね。そこで、それぞれの茶葉の違いはというと、紅茶は茶葉を完全醗酵、緑茶は醗酵させずに中国では炒り、日本では蒸します。そしてウーロン茶は半醗酵。紅茶のはたらきの代表格は、抗菌作用やコレステロール低下作用のあるカテキンが多く、利尿作用や血行を促進するカフェインも豊富に含まれているということです。緑茶やウーロン茶にも同じようなはたらきがありますから、これからの季節、冷やしてゴクゴク飲むといいですね。

前へ

バックナンバー

2007年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。