6月30日
タバコと悪玉コレステロールの関係を知ろう

タバコを吸う習慣がある方は、悪玉コレステロールが上昇しやすいです。タバコに含まれる「ニコチン」という成分は、中性脂肪の合成を促進して、血液中の悪玉コレステロールを増加させます。そして、血液中の悪玉コレステロールを下げる「善玉コレステロール」も、タバコによって減ってしまう事もあるのです。タバコをたくさん吸っている方ほどその傾向が強いので、十分に注意していきましょう。

前へ

バックナンバー

2007年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。