7月17日
インゲン豆を食べて、胃腸の機能を高めよう

インゲン豆は、胃にとてもやさしく、胃腸を活性化させる働きがあります!下痢をしやすい方にもとてもよいです。ただ、インゲン豆にはカラダの代謝に悪影響をあたえる「アグルチニン」という成分が含まれています。これは加熱すると分解される成分ですから、加熱調理して摂ると、中毒を避けて、体によい成分を上手に摂取できますよ!

前へ

バックナンバー

2007年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。