7月26日
スイカに含まれる、色素成分を摂ろう

水分たっぷりのスイカは、東洋医学的に、暑さでこもってしまった熱をおさめる働きがあるとされています。さらには、「イライラ」や「のどの渇き」をよい方向へ改善していく作用もあります。そして注目すべきなのが、スイカの色素成分であるリコピン!!これが老化を防ぎ、アンチエイジング効果を発揮します!ただ、冷え性体質の方は、腎臓に負担がかかりますので、あまり食べ過ぎないように注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2007年7月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。