8月13日
ビタミンUで、胃腸の粘膜を修復しよう

ビタミンUとは、キャベツやレタス、セロリなどに多く含まれている成分です。キャベツをきっかけに発見されたので「キャベジン」とも呼ばれています。このビタミンUは、胃酸の分泌を抑えたり、胃腸の粘膜の新陳代謝をたかめるはたらきがあります。胃腸を修復したい!という時に大活躍する成分です。

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。