8月25日
記憶力のために、復習は1ヶ月以内にしよう

私たちの記憶力には、短期記憶と長期記憶があります。長期間覚えていられるようにするには、ある程度の復習が必要です。その時に短期と長期の橋渡しをしているのが「海馬」という場所!視覚や聴覚を通じて得られた情報をこの海馬で保管できるのは、約1ヶ月といわれています。ですから、復習はできるだけ1ヶ月以内に行い、脳に定着させる事がポイントなのです。

前へ

バックナンバー

2007年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。