9月4日
ビタミンB6で、代謝を促そう

ビタミンB6の主な働きは、たんぱく質の代謝を促すことです。ですから、タンパク質を多く摂取している方ほど、このビタミンB6も多く摂取する必要があります。不足すると口内炎ができることがあります。また、ビタミンB6には、免疫力をアップするはたらきもあるために、アレルギーなどが軽減されたり、私たちのカラダにとって、なくてはならない成分といえます。腸内の細菌によって合成されることもあります。

前へ

バックナンバー

2007年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。