9月15日
サケの抗酸化作用を活用しよう

サケの赤い身の部分には、「アスタキサンチン」というカロチンの一種が含まれています。この成分には抗酸化作用があり、動脈硬化や脳卒中をふせぐはたらきが期待できます。魚介類では他に「エビ」や「カニ」にもふくまれていますが、2つとも殻にしかアスタキサンチンは含まれていません。ですからサケの赤身は非常に貴重なのです。そしてサケの卵であるスジコ、イクラに関してもこの成分が含まれていますので、有効に活用するといいですよ!

前へ

バックナンバー

2007年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。