10月7日
おいしい料理には、軟水をつかおう

水は、マグネシウムやカルシウムの量で、硬水と軟水とに分類されます。飲み水でも飲み分けている方が多いですが、お米を炊いたり、料理に使うときも、この「硬度」を基準にするとおいしさを引き立たせることができます。とくに食材の「風味」や「香り」を引き出すには「軟水」がお勧め!軟水はクセがないものがほとんどで、風味を生かしやすい特長があります。

前へ

バックナンバー

2007年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。