10月15日
リンゴで腸のバランスを整えよう

リンゴの食物繊維には、一度水分を含ませると水分を保ち続ける効能があるため、便をやわらかくしたり、便の出をよくする作用があります。さらには、食欲を促したり、二日酔いを解消するなど、胃腸のはたらきを正常に戻してくれるのです。リンゴは生で食べてもおいしいですが、焼きリンゴやアップルパイなど、加熱をしてもおいしく食べることができるので、これからの季節、大いに活用したい食材の一つです。

前へ

バックナンバー

2007年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。