11月25日
シスタチンで、ウイルス感染を予防しよう

シスタチンαという成分は、消化管や表皮、白血球などに存在する成分です。外界からの病原体の攻撃から、カラダを守る働きがあります。つまりウイルス感染を防御する働きがあるのです。卵白、牛乳、稲の種子などには、それに似た成分が含まれています。カゼの流行る寒い季節に、補強したい成分ですね!

前へ

バックナンバー

2007年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。