12月24日
珍味である、キジを食べてみよう

キジは東洋医学的に「温性」で、冷えで胃腸が弱いタイプの方や、乾燥で肌荒れがひどい方などにとてもいい食材です。古来より、キジの肉は、春夏には有毒と言われ、秋冬には滋養強壮の効果があるといわれています。寒い季節に鍋などにして温まりながら食べるといいですね。

前へ

バックナンバー

2007年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。