2月6日
クラゲを食べて、血行をよくしよう

クラゲには東洋医学的に、カラダの中にこもった余分な熱をおさめる働きがあります。そして現代の研究では「血管をひろげる作用」が注目されており、足の冷えや血行不良を伴った高血圧によい食材とされているのです。生で食べるクラゲは消化があまりよくありませんが、よく加熱をしたクラゲは消化不良を解消して、高い血圧を降ろすはたらきがあるとされています。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。