2月15日
ヨーグルトを食後に食べよう

ヨーグルトなどに含まれる「ビフィズス菌」を生きたまま腸に届きやすくするには、食後にとるようにするといいです。他の食べ物で胃がいっぱいになっていれば、胃酸の影響を最小限におさえることができます。スーパーなどで売っている普通のヨーグルトは、なかなか腸内で住み続けることが難しいので、毎日、デザートなどで少しずつ継続して摂取していくことが大事です。ただし、たとえ胃酸で死んでしまったとしても、腸の免疫力のアップや、コレステロールの排泄に役立つそうですよ。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。