2月16日
紅茶で、胃腸をあたためよう

紅茶は、東洋医学的に「温性」のはたらきを持っていて、胃腸をあたためたり、脳の集中力をアップさせる働きがあります。現代の研究でも、強い殺菌効果や血栓を予防するはたらきにも注目されています。ただ、頻尿体質のかたは、カフェインによる利尿が高まってしまいますので、飲みすぎには注意が必要です。

前へ

バックナンバー

2008年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。