3月31日
胃腸にやさしいハチミツを活用しよう

ハチミツは、私たちの胃腸にとって非常にやさしい性質があります。花糖に含まれている糖分は、ミツバチの持つ酵素によってショ糖をブドウ糖、果糖などに分解されているため、腸で早く吸収することができるのです。また、ハチミツのグルコン酸は、腸の中で「善玉菌のエサ」となって、腸内環境をよくするはたらきがあります。紅茶に入れたり、お菓子などでも上手にハチミツを活用したものを食べたいですね。

前へ

バックナンバー

2008年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。