4月24日
ナタマメで、弱った腎臓を回復しよう

ナタマメは、東洋医学的に腎臓を温めて、カラダの調子を整える作用があります。さらには、免疫力を高めたり、内臓の冷えを緩和させるはたらきもあります。現代の研究でも、抗がん作用が注目されています。成熟した豆には、少し毒性がありますが、よく加熱をすると毒性が解消されます。漢方薬でも使われている食材ですので、スープなどで上手に摂取していきたいですね。

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。