4月25日
春が旬の貝類を食べてみよう

春は自律神経のバランスが崩れやすく、カラダにだるさがでてしまうもの…。そのような時には、春が旬の「貝」を上手に料理に活用してみてください。あさりには、カラダにこもった熱をとり、けだるさを緩和する効果があります。ハマグリは、肝臓のはたらきを助けて、水分代謝をよくします。有効成分をしっかり摂取するには、ダシも摂ることができる「お味噌汁」や「スープ」がお勧め!貝類で、春の季節を乗り越えていきましょう!!

前へ

バックナンバー

2008年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。