5月8日
手をさすって、脳をマッサージしよう

毎日の生活の中で、ストレスや目の使いすぎなどを繰り返していると、脳が疲労して血流が滞りやすくなります。その状態を解消するために「脳」を刺激すること!これによって、こり固まった細胞をときほぐし、脳を活性化させることができるんです。敏感な感覚を持つ「手」は、脳と非常に密接な関係があります。脳が疲れているときには、手のひらをこすったり、手の甲をさするだけでも効果がありますよ。ぜひ生活の中で試してみてくださいね!

前へ

バックナンバー

2008年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。