5月24日
お風呂にワインをいれてみよう

ワインがちょっと残ったら、お風呂に入れる…とからだが温まります。また、ワインには、AHA酸(アルファハイドロキシン酸)が豊富に含まれていて、肌を活性化させます。さらにポリフェノールが抗酸化作用を発揮し、アンチエイジングにもとてもよいとされています。特に赤ワインに多いタンニン(ポリフェノールの一種)は、収れん作用で潤いのある肌によいと評判。ただ、アルコールに弱い人は、皮膚からアルコールが吸収されて酔いやすくなるので、使い方に注意が必要ですよ。

前へ

バックナンバー

2008年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。