6月1日
日本酒を薄めて飲んでみよう

日本酒は、東洋医学的に血行をよくし、のどの渇きを潤すとされています。ただ現代の研究では、通常のアルコール度数(15%)の清酒を飲みすぎると、胃で直接吸収してしまうため、出血性胃炎を起こしやすいとされています。逆に8%以下に薄めた清酒は、善玉コレステロールを増加させたり、狭心症の予防作用があるという報告もあります。清酒を飲む方は、少し水で薄めて飲むとカラダにやさしいですね。

前へ

バックナンバー

2008年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。