6月24日
アーモンドの有効成分に注目しよう

アーモンドは、東洋医学的に「腸の粘膜」を潤し便通をよくする働きがあります。さらには骨を丈夫にしたり、肌を若返らせる作用もあるとされています。ビタミンEの含有量はナッツ類でトップクラス!非常に栄養価の高い食品です。ただ、アーモンドに含まれている脂肪酸は、酸化するとビタミンEの力を発揮させられないため、新しいものを少しずつ食べることをおススメします。

前へ

バックナンバー

2008年6月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。