8月9日
アルカリ性の酢で、疲れを中和しよう

肉や魚ばかり食べていると、体そのものが少しずつ酸性に傾いていきます。すると糖質の燃焼が悪くなって、体のあちこちに「乳酸」が溜まりやすくなります。それが疲れ、だるさの原因になっているのですね!それを中和させるのが野菜、果物、キノコ類、醸造酢などの「アルカリ食品」です。アルカリ食品の中でも、特に酢を摂ることで、脂肪などをエネルギーに変えるクエン酸サイクルをしっかりまわすことができ、乳酸や疲れのもとが溜まらない、若々しい体を保つことができるのです。

前へ

バックナンバー

2008年8月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。