9月11日
黒いソバを食べて、食物繊維を多く摂ろう

そばにはいろいろな種類があります。更科(さらしな)そばと呼ばれる白いソバは、ソバの種子の中心部分「一番粉」を使っています。一方、藪(やぶ)そばと言われるものは、種子の中層から外側の部分、「二番粉」「三番粉」を使っているんです。そばの種子の外側へいくほど「食物繊維」を多く含んでおり、香りと強い歯ごたえが出てきます。ですから、もし腸の動きを刺激するなら、食物繊維の豊富な「黒っぽいそば」を積極的に食べるようにしましょう。

前へ

バックナンバー

2008年9月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。