10月1日
玉ねぎのケルセチンに注目しよう

玉ねぎには「ケルセチン」という黄色い色素成分が含まれています。この成分はポリフェノールの一種である「フラボノイド」で、「抗酸化作用」や「細胞の老化を防ぐはたらき」があります。そして、玉ねぎには「キレート作用」というものがあり、体内にある胴などの金属イオンを挟み込んで、カラダに吸収しないように排泄させる力もあるのです。玉ねぎはアンチエイジング効果とデトックス作用が強い食品なのです。

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。