10月5日
クコの実を食べて、体力を回復させよう

クコの実は、東洋医学的に「滋養強壮」の作用があるといわれています。さらには、毒素から肝臓を守り、機能を丈夫にする働きもあるのです。袋から出すだけで使えるものが売られていますので、ホワイトリカーと氷砂糖に漬けて果実酒にして飲んだり、スープやサラダに散らしたり、手軽に食することができます。どの体質の方にも合う食材ですが、食べすぎると栄養素が余分になってしまうため、一日15〜20gを限度に摂取するのが良いようです。

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。