10月6日
30代に入ったら、乳がん検診を受けよう

20〜30代の男女を比べると、がんの発症率は、女性のほうが男性より3倍も高いというデータがあります。女性の罹患者が多いのは、乳がんの罹患率が高いためです。また、壮年層(30〜64歳)の女性の死亡率では、乳がんはトップなのです。まだ若いから大丈夫といえないのが乳がんです。しかも早期に発見すれば助かる可能性が高いのも特徴です。30代に入ったら、乳がん検診を積極的に受けましょうね。gooピンクリボンキャンペーン

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。