10月7日
運動をして、便秘を解消させよう

便秘になってしまう原因のひとつとして「運動不足」があげられます。運動には、ウエイトトレーニングのように酸素を取り入れずに行う「無酸素運動」と、ウォーキングのように酸素をゆっくり筋肉に届けながら行う「有酸素運動」があります。特に、便秘に効果があるのは「有酸素運動」。有酸素運動をすることによって副交感神経の働きが高まり、腸のぜん動運動が活発になります。いまはまさしく「スポーツの秋」。「有酸素運動」のウォーキングやサイクリング、水中ウォーキングなどの運動にチャレンジしてみませんか!

前へ

バックナンバー

2008年10月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。