11月2日
日本酒を飲んで、記憶力を高めよう

日本酒には「活性物質ペプチド」という記憶能力を改善してくれる成分が含まれています。また、「健忘症」に効果があるとされています。さらに日本酒にはエストロゲンの値を高める働きがあり、骨そしょう症の予防も期待されています。1日1〜2杯の日本酒であれば、健康効果を享受できますので、ぜひ無理のない量で楽しんでみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2008年11月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。