12月4日
松の実を食べて、免疫力をアップしよう

中国料理に使われることの多い松の実。中国では滋養強壮の食品としてとても重宝されています。松の実は東洋医学的に「潤い」の性質があり、肺を「乾燥」から守る働きがあります。現代の研究でも松の実の殻に含まれている「酸性多糖」に、免疫力を高める作用があることがわかっています。油をつかわず、フライパンで香ばしい匂いがするまでよく煎ると、おいしくいただけます。

前へ

バックナンバー

2008年12月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。