1月15日
体に合わせてアルコールを選ぼう

ワイン、日本酒、焼酎など…お酒にもいろいろありますが、それぞれ成分に大きな違いがあるんです。例えば、赤ワインであれば抗酸化作用の強い「ポリフェノール」が豊富。動脈硬化や「生活習慣病」の予防につながると言われています。さらに、米と麹をつかった「純米酒」では、ビタミン、ペプチドなど「新陳代謝」を上げる効果があります。このように、お酒の選び方一つで、摂取できる成分が違ってくるため、知っておくとお酒選びの参考になります。

前へ

バックナンバー

2009年1月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。