2月12日
菊花茶で、風邪の不調を解消しよう

菊花茶は、東洋医学的にのどの痛みから始まる「風邪」や「めまい」に良いとされています。さらには、肝を養い、目の働きを高めるとも言われているのです。菊花には血管を広げる作用がありますから、血圧が高めの方にも良いです。一度熱湯を通して、お茶の葉を洗い流した後に、ガラスポットでゆっくりエキスを抽出します。口当たりのよい、まろやかな味を楽しむことができます。

前へ

バックナンバー

2009年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。