2月27日
羊肉を食べて、やせやすい体質にしよう

カルニチンは、脂肪の代謝にかかわる重要なアミノ酸の一種です。肝臓や腎臓で合成されるものですが、加齢にともなって体内での合成が少なくなる傾向があります。その影響で、脂肪の代謝がわるくなり、内臓脂肪や余分なお肉がカラダにつきやすくなります。このカルニチンを意識した食生活を送るには「羊肉」を上手に食事にとり入れること。ジンギスカン、ラムチョップなど「羊肉料理」を楽しむのもよいですね!

前へ

バックナンバー

2009年2月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。