3月4日
糖尿病の合併症に気をつけよう

糖尿病の初期は、「自覚症状」がありません。のどが渇きやすかったり、やたらと疲れる…といった異常を感じるようになるのは、かなり病状が進んでからです。そして注意が必要なのが、糖尿病は「合併症」が起こりやすいということ。特に病気が進むと動脈硬化が進行していきますから、狭心症や脳梗塞、心筋梗塞など、大きな病気にもつながりやすくなります。ですから、普段から食生活に気をつけたり、運動したりしましょうね。

前へ

バックナンバー

2009年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。