3月10日
寝る前にコップ1杯の水を飲もう

私たちは、睡眠中にたくさんの汗をかきます。一晩でコップ1〜2杯の水分を排泄するとも言われています。ですから、体内が水分不足に陥ると、血液がドロドロになって粘り気が出やすくなります。その粘り気が血管の中を狭くさせてしまい、脳血栓や心筋梗塞などに発展しやすくなります。その危険を防いでいくためには、就寝前にコップ1杯の水を飲むことです。睡眠中に失われる水分をあらかじめ補給しておくと、カラダに負担がかかりにくくなります。

前へ

バックナンバー

2009年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。