3月25日
ビタミン類で腸のサポートをしよう

ビタミンは私たちのカラダにとって非常に大切な成分ですが、腸にとっても大事な役割があります。ビタミンBは、主に腸内の善玉菌を増やしたり、腸の動きを活発にします。そしてビタミンCは、腸の外から浸入してくる病原菌を抑えたり、食中毒から腸を守る役割を持っています。さらにビタミンAは、腸内の粘膜を丈夫に保つ働きがあり、不足してくると下痢になりやすくなるのです。栄養成分は食事からバランスよく摂取していくことがとても大切。偏った食生活は腸内バランスを崩すことにつながるといえます。

前へ

バックナンバー

2009年3月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。