4月3日
梅干しを煮物に活用してみよう

梅干しに含まれているクエン酸は、長時間加熱をしても変化しないという特性があります。ですから「いわしの梅煮」など、長時間加熱する料理にも向いているのです。そしてさらに、梅干しには、魚の「身くずれ」を防いで引き締める効果もあります。魚が好きな方は、ぜひ「梅煮」も試してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。