4月16日
目的に合わせて乳酸菌を選ぼう

ヨーグルトや発酵食品に含まれる「乳酸菌」は、乳糖やブドウ糖などを分解して乳酸を作る細菌の総称で、40種類以上が発見されています。そのほとんどは、免疫力を高める、コレステロール値を下げるといった働きがありますが、別の作用が発見されているものもあるのです。例えば、LG21は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の原因となるピロリ菌を減らす働きがあり、LGGはアトピー性皮膚炎の予防・緩和効果があると報告されています。自分の体や目的に合わせて活用していきましょうね。

前へ

バックナンバー

2009年4月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。