5月11日
サトイモを皮付きのまま蒸してみよう

サトイモの粘り成分といえば「ムチン」と「ガラクタン」です。この粘り成分は、水溶性の食物繊維ですから、血中のコレステロールを下げたり、高血圧の予防になります。これらの成分を最大限に生かすには、泥つきのサトイモを洗って、皮付きのまま蒸して、一番の外側の皮だけを薄くむいて食べること!それによって、皮のすぐ内側にある栄養分を逃さずに食べることができます。ぜひ試してみてくださいね。

前へ

バックナンバー

2009年5月

今日の健康ひとことりでは、手軽に役立つ健康情報を毎日お届けします。

「ひとことり」は、”ひとこと”と”小鳥(ことり)”をあわせて作ったことばです。
小鳥のさえずりには癒しの効果があります。